noimage
  • 2017.10.26

降圧にはノルバスクとサプリを使う食事療法も良い

高血圧は血圧が高い状態が続いてしまって様々な疾患を合併してしまうリスクが高い状態になってしまう疾患です。その治療においては二つの要素を考えていかなければならないのが特徴的な点です。一つは血圧を高いまま放置せずに降圧剤を用いて正常域に下げるということであり、もう一つは根本治療を行って改善を図るということです。ノルバスクは降圧剤としてよく用いられるものであり、一日一回程度の投与で血圧を下げた状態で維持することができます。血圧を下げておくことによって血管や心臓などへの負担が小さくなることから、合併症が生じてしまうリスクを低減させられるからです。
ノルバスクは高血圧によって何か自覚症状が出ている場合にはその抑制の観点もありますが、合併症予防の観点を主として用いられているのが実際です。しかし、ノルバスクを使用するだけでは根本治療にはならないことから、食事や運動、あるいは基礎疾患がある場合にはその治療を行うことで根本的な改善が行われていきます。
高血圧治療では食塩の摂取量を控えたり、野菜の摂取量を増やしたりするのが基本的な考え方となります。そういったアプローチだけではなかなか改善しないことも多く、そういった際に患者がよく目を向けるのがサプリです。世の中には様々なサプリが出まわっていて、高血圧に対しても有効ではないかと考えられるようなものも数多くあります。また、合併症である動脈硬化の予防ができそうなサプリもあり、血圧を下げることがうまくできていない場合には予防策として使用したくなるものです。単純な野菜サプリやカリウムを補給できるサプリもあり、食事療法と並行してうまく利用していくことができればより速やかに改善に向かっていけるでしょう。

関連記事
ページ上部へ戻る